近年は墓地や霊園で、デザインや色合いなども様々なおしゃれなお墓を目にすることも多くなりました。今回は、「我が家らしいお墓を建てたい」「他にはない、おしゃれなお墓を建てたい」という方のため、おしゃれなお墓を建てる方法、デザインや彫刻などのほか、注意点も合わせて解説いたします!

おしゃれなお墓といえば、「デザイン墓石」

日本ではお墓と言えば、縦に長い形でグレーの墓石を思い浮かべる方が多いかもしれません。そうした伝統的な和型のお墓ももちろん根強い人気がありますが、近年ではその和型のお墓をアレンジしたものや、芝生墓地などの広い平坦地に建てられた横に長い洋型墓石など、実に様々なデザインのお墓が建てられるようになりました。そんな様々なお墓の中でも、設計やデザイン面において最も自由度が高い「デザイン墓石」は、おしゃれなお墓を建てたいという方にはとても魅力的です。

お墓の形

お墓の形は大きく分けて、3つに分けられます。

和型

まずは、「和型」と呼ばれるタイプです。縦に長い形状の棹石(仏石)の下に台石がいくつかある、伝統的なお墓は今でも多く見られます。「お墓」というと真っ先にこれを思い浮かべる方も少なくないでしょう。五輪塔などの供養塔型や、棹石の上に笠のついた大名墓などもあります。

洋型

次に、「洋型」と呼ばれるタイプです。横に長い安定した形状で、昔オルガン型と呼ばれていた横型のシンプルな形の他にも、近年では和型のように比較的高さのあるタイプも見られるようになりました。

デザイン墓石

最後に「デザイン墓石」が挙げられます。デザイン墓石は、とにかく自由に好きな形で設計した墓石です。和型や洋型を自由にアレンジしたものから、複雑な立体、まん丸の球体のような墓石など、形も実に様々です。亡くなった方の好きだったものをモチーフにしたり、彫刻などでデザインの一部に採り入れたりといったものもあります。形やデザイン面で自由度の高いデザイン墓石は、他とは少し違った「おしゃれなお墓」を建てる際には、欠かせないものといえます。

デザイン墓石を建てる際のポイント

ここからは、デザイン墓石の形やデザインなど、実際におしゃれなお墓を建てる際のポイントを見ていきましょう。

デザイン墓石の場合、形はある程度自由度が高いことが多いです。ただし、霊園によっては自由に設計できる区画が決められている場合もありますので、墓地を取得するところから始めるという方は、その点も注意して墓地探しをしましょう。また、墓地によってはお墓の形に決まりがある場合もあるため、お墓を建てようとしている墓地の決まりを事前に確認しておくことが重要です。特にお寺の墓地の場合は宗教が限られていることも多く、ご住職の意向もありますので、事前に相談しておくと安心です。

デザイン

デザイン墓石は、自由なデザインを好きなようにすることができるのがメリットの一つです。基本的には自由なのですが、長い間お参りすることを考えると、ある程度耐久性のある設計・形であることはとても重要です。例えば、「高さのあるものの上に重いものが乗る」構造は、ちょっと考えてみても不安定ですよね。万一大きな地震などが起きた際、揺れに耐えられない可能性もあります。また、寺院墓地などの場合は宗教的な面で可能か、ということもポイントになるでしょう。強度面・宗教面をクリアしていれば、基本的には自由に設計ができます。

文字の彫刻

デザイン墓石では、お墓に彫刻する文字などにこだわったケースも多いです。

例えばお墓正面の文字といえば、「○○家」という家名を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、近年では家名以外にも、好きな言葉を彫刻するケースも多く見られるようになりました。漢字一文字では「和」「幸」「愛」など、二文字になると「平和」「感謝」などがよく見られます。「ありがとう」などのメッセージも多いです。

また書体も、楷書行書などのほか、アルファベットなども選べます。書家の方に書いてもらったものや、家族が書いたものをもとに原稿を起こして彫刻するといったこともできます。彫刻方法についても、より文字が見えやすいようにするなど、様々な技法があります。

花の彫刻

お花の彫刻も、自由なデザインが可能なデザイン墓石には多く見られます。一番人気のあるのは間違いなく「桜」です。ほかには、ユリ、ひまわり、アジサイ、キキョウなど、亡くなったご家族が好きだったお花を彫刻する例も。仏教なら蓮の花、キリスト教ならユリなど、宗教によって選ばれるケースもあります。

また、花の彫刻とひとくちに言っても、直線だけで表現した線彫りのほか、花が活き活きとして見える立体彫刻彫刻に彩色したものなど、遠くからでも見えるように配慮したり、より華やかになるようにしたりと、お墓全体とのバランスや希望に合わせてこだわった彫刻をすることもできます。

使用する石材

デザイン墓石に使用する石材には基本的に決まりはなく、石種の数も自由です。好きな石材を使って、好みの色合いのお墓を建てることができます。お墓に使用される石の色合いは、よく見られるグレーや黒、白をはじめ、赤や緑、ピンクなど実に様々です。せっかくのデザイン墓石ですから、デザインが映えるような色合いの石を使用するのもおすすめです。

単色ももちろん多いですが、よく見られるのは、白と黒赤とピンクなど、2色の石を使用したツートンカラーの墓石です。黒とグレーもシックで落ち着いた印象になります。また、同じ石を使用しても、石の表面をツヤツヤにした磨き仕上げと、ザラッとした質感にしたバーナー仕上げなどでは、少し色合いが違ってきます。石の種類を増やすのではなく、仕上げによる色の違いをデザインとして採り入れる方法もあります。

何から始めたらよいの?迷ったときは?

では、「おしゃれなデザイン墓石を建てたい!」という場合、何から始めたらよいのでしょう?

お墓を建てる際は、霊園へ見学に行ったり、石材店に話を聞きに行ったりして進めていくことになりますが、これまで見てきたように、デザイン墓石は自由度が高く、逆に言うとどんなお墓を建てるかは自分で決めていくことになります。

建てたいお墓のデザインが決まっている場合は、それを言葉や簡単な絵で伝えられるようにまとめておくと、担当者に具体的に伝えることができます。ただ、多くの方が当初は、「おしゃれなお墓を建てたいけど、どんなお墓にしよう?」と思っているのではないでしょうか?そういった場合におすすめなのは、デザイン墓石を多く取り扱っている石材店を選んで相談することです。施工例やカタログなどを見せてもらうと、具体的なイメージがつかめるようになり、方向性を絞っていくことができます。

どんなデザインにするか迷ったときは、「こうしたい!」とはっきりと決まっていることを箇条書きにしておいて、そこから少しずつ絞り込んでいくと、考えがまとまりやすいかもしれません。色合いの他にも、「母が好きだったこの花をどうしても彫刻したい!」など、どうしても譲れない点を挙げ、それを家族で話し合ったり、じっくり話を聞いてくれる石材店担当者に相談したりして、ご自分の希望を確かめながら時間をかけて進めていきましょう。

人気のある形やデザインは?

霊園等で見かけるおしゃれなデザイン墓石には、それぞれの石材店で設計されたデザイン性の高いお墓もたくさんあり、中には人気のデザインもあります。そのほかに近年では、墓石デザインを専門とするデザイナーさんが手がけたデザイン墓石もよく目にするようになってきました。

中でも有名なのは、「カーサメモリア」というブランドです。福田 和哉氏が2011年に立ち上げたブランドで、「和」を基調としたモダンでありながらどこか懐かしさを感じるデザインがとても人気です。お墓の本体だけでなく、囲いの外柵部分までトータルでクオリティの高いデザインです。ほかに、ふたごやま制作所の「Yawakaze – やわかぜ」もとても人気のシリーズです。こうしたブランドを取り扱っている石材店であれば、カタログ等も取り揃えていますので、興味のある方は相談してみるとよいかもしれません。

おしゃれなお墓を建てる際の注意点

ここまで見てきたように、デザイン墓石は自由に設計・デザインできることが最大の魅力です。ただし、いくつか注意点もあります。

「デザイン墓石を建てる際のポイント」でもあったように、お墓を建てる霊園や墓地によっては、お墓の形やデザインに決まりがある場合があります。また、自由にお墓を建てられる区画であっても、高さの制限があることも少なくありません。決まりごとは事前に確認して、問題がないようにしましょう。

その他に注意したいのが、デザインの流用です。デザイン墓石は、個々の石材店やデザイナーが設計したものです。場合によっては意匠登録していることもあります。他店のデザインを流用することは、問題となることがありますので、十分な注意が必要です。

おしゃれなお墓のデザイン まとめ

「おしゃれなお墓」といえば、設計やデザイン面において最も自由度が高い「デザイン墓石」

デザインは、耐久性・宗教的な面をクリアしていれば、基本的には自由

文字や花の彫刻、石種も自由。2色の石を使用したツートンカラーの墓石も人気

デザイン墓石を多く取り扱っている石材店を選んで相談する

墓石デザインを専門とするデザイナーさんが手がけた墓石のブランドも

他の石材店やデザイナーのデザインの流用は避ける

迷ったときは、じっくり相談に乗ってくれる石材店と一緒に希望を確かめながら

 

「大切な家族のために」「他にはない自分達らしいお墓を」という希望から、自由度の高いデザイン墓石を選ばれる方は増えていますが、「こんなお墓にしたいな」という理想があっても、「費用がかかるかな?」「こんなデザインは作れない?」など、不安な方も多いかもしれませんね。ですが、お墓作りは一生に何度も経験することではありません。せっかくお墓を建てるのですから、まずはデザイン墓石を取り扱っている石材店に気軽に相談してみてはどうでしょうか?思いのこもった、理想のお墓を建てられるといいですね。