墓石の価格、お墓の値段/もっとも質問が多い、墓石の価格について

教えて!墓石の価格

  • HOME »
  • 教えて!墓石の価格

いくらくらいするの?墓石の価格とは?

batsu「ずいぶん高いお墓を注文してしまったみたい・・・」

batsu「墓石の相場が分からず、流れで契約してしまった・・・」

ohaka2これらは、実際にお客様が契約された後に、不安になってご相談いただいた「お墓の価格」の相談事例です。せっかくお墓を契約・注文をしたのに、すぐに不安を感じたり、後悔してしまうことは、避けたいものです。

このような状況を避けるためにも、お墓の適正な値段についての知識 があることはとても大切です。墓石の価格は、さまざまな条件(下段でお伝えする5つのポイント)が重なって決まります。お墓の価格がどのようにして決まるのか、ポイントを学んで、これから始められるお墓選びの参考になさってください。

それでは、墓石の価格・お墓の相場について、お伝えします。

お墓の費用の相場、金額のめやす

それでは、まず、「まわりの人は、一体どれくらいの金額でお墓を建てているのか。」 その、参考になるデータをご紹介します。思っていたより高いでしょうか?それとも安いでしょうか?墓石業界の中でも、信頼のおける2団体が発表しているデータを見てみましょう。

 

墓石の平均価格は、134.92万円(墓地代別)です。100~200万円の価格帯が49%とほぼ半数を占めています。その次が、100万円未満で36%。つまり85%が200万円以内ですね。(株式会社鎌倉新書様が2014年分を公表したデータ参考)

 

次のデータでは、お墓の平均相場は、170.4万円(墓地代別)です。こちらでも、やはり100~200万円の価格帯が51.4%と約半数を占めているのが分かります。その次が、100万円未満で21.8%。その次が、200~300万円で18%、という結果です。(一般社団法人全国優良石材店の会様が2016年に公表したデータ参考)

墓石業界の大きな2団体が公表したデータですが、平均費用は134.92万円と170.4万円ということで、開きがあることが分かります。これは、地域性やデータの基となる石材店による違い、お墓が建てられた墓地(公営霊園か寺院霊園か、民間霊園か)などによってもたらされていると推測されます。

しかし、そのなかで明確な共通点が見られます。それは、墓石の価格、もっとも多くの方が求めた費用は、100~200万円の間である(墓地別)こと。そしてその次が、100万円以内(墓地別)であること、がよく分かります。おおよそ、7~8割の方が、200万円以内でお墓選びをしているのですね。

 

次に、地域別の墓石購入費用の平均価格について、データがありました。

ご覧のとおり、墓石の価格には、地域差があります。最も求めやすい北海道は平均141.1万円。最も高価な九州では219.1万円とかなりの開きがあります。その主な要因の筆頭は、お墓を建てる墓地の広さによる違いと、お墓の形式(納骨室部分の形状など)の違いだと思われます。(データ参照:全国優良石材店の会様)

それでは次に、より詳しく、お墓の価格を決める、5つのポイントについて、具体的にみていきましょう!

 

墓石の価格を決める、5つのポイント

墓石の価格(お墓の値段)は、どのようにして決まっていくのでしょうか?じつは、主に以下の5つのポイントによって決まっていくのです。

 

石材店の指定の有無

(公営や民営など、それぞれの墓地の決まりで、石材店の指定が変わります。)

sitei

お墓を建てる費用、墓石の価格を、最も左右するポイントの一つは、石材店が指定されているかどうか(指定石材店の有無)です。なぜかというと、石材店が指定されている(この石材店に依頼をしてくださいという決まりがある)場合は、自分で選んだ石材店で、自由に比較検討することが難しいからです。

一般的に、公営霊園(自治体運営の墓地)は、石材店の指定が無く、石材店を自由に選べます。また反対に、民営霊園は、ほとんどの場合、石材店を指定しています。寺院墓地は、指定がある場合とない場合が混在しています。 そのため、全く同じ大きさ、デザイン、石の種類でお墓を建てる場合、自由に比較検討ができる、公営霊園が、墓石の価格がお安いことが多いでしょう。

 

石の種類

(国産か外国産を含め、個々の石の種類によります。)

s-1isi2 s-1isi3 s-1isi4
お墓に使用される石の種類は、国産の石で 50種類以上、外国産の石で 100種類以上もあります。

国産の石で有名な、香川県産庵治石(あじいし)は最も高価な石として、世界的にも有名で、また、神奈川県産の本小松石(ほんこまついし)、愛媛県産の大島石(おおしまいし)など、全国各地で採掘されている石が50種類以上あります。

また、外国産の石にも、中国産、インド産、アフリカ産、ヨーロッパ産、韓国産、アメリカ産、など、世界各地で採れる石材が、100種類以上あると言われています。(例えば、中国産の石だけでも20~30種類はあるでしょう。)

それぞれの石は、名前はもちろん、性質が異なります。そのため、ひとつひとつ石によって、値段が異なっているのです。

よく、ご相談の際にいただくのですが、「海外産は安くて、日本産はすごく高いですか?」 という質問ですが、一概には言えない のが現状です

具体的には、インド産の中で高価な石材は、日本産の求めやすい石材よりも高くなるからです。 分かりやすい一例ですね。
※ 2016年現在の、墓石の価格〈石の種類別)の参考としては、中国産白御影石(福建省産の白御影)が、代表的な求めやすい(お安い)石材です。反対に、香川県高松市で採掘される庵治石(細目)が、最も高価な石の代表です。

 

石の使用量・広さ

(大きくなる=石の使用量が増えるほど、高価になります。)

例えば、下記の2つのお墓をご覧ください。

s-2syou  s-2dai

右手の墓石は、一番下の台石(芝台 シバダイ)がついているので、左のお墓よりも石の使用量が多くなっています。つまり、一番下の台石の分、石の使用量が増えれば、比例して、墓石の価格も高くなります。私たちが住んでいる住宅と似ていて、1階建てより2階建てが、コンパクトな家より大きな家のほうが、値段が高くなるのと同じです。

また、これは専門的なことなのですが、使用する石の種類(主に国産石)によっては、石の使用量(大きさ)が 大きくなるにつれて、価格が、より割増しで高くなるケースがあります。それは、大きな石が採取されにくいことが主な原因です。

 

墓石の加工の有無

(細かい手の込んだ細工が入っているかどうか)

例として、下記の2つのお墓をご覧ください。

s-3hyouzyun  s-3tenokondakata

左側の標準的な和型の墓石に比べ、右側の墓石は、上下の蓮の花の台座(上下蓮華)の加工が入っていたり、花立てや香立の形が複雑(加工が多い)ため、加工費が追加され、高価になります。

また、日本で作られるお墓の方が、中国やインドなど、海外で作られるお墓よりも、職人さんの人件費が高いため、加工の有無によっての価格の違い(高くなり方)が、より顕著になります。

 

墓地の立地(施工費用)

(整備された霊園よりも山の上の墓地の方が施工費がかかります。)

例として、下記の2つのお写真をご覧ください。

s-4yama s-4seibi

左は山の上の墓地で、トラックなどの車を降り、徒歩で非常に細い道を5分ほど歩く墓地です。 右は整備された霊園で、車の停車場所からも近く、通路もフラットで広いという特徴です。

上記、2つの墓地であれば、施工費用は、左(山の上)が高価になり、右(整備された霊園)がお安くなるのは、よくお分かりになると思います。 つまり、施工費用は、お墓を建てる墓地の立地条件(工事のしやすさ)によって、変わってきます。具体的には、下記がポイントになります。

・運搬する距離 トラックなどの車から、お墓を建てる墓地までの距離)
・道の幅 (お墓を据付ける小型クレーンや、運搬する台車が通れるか、階段の有無など)
・建てる区画の周辺状況 (小型クレーンが使用できるスペースがあるかなど)

以上の条件により、施工にかかる労力が変化するため、お墓の施工費は、大きく変化します。

標準的な墓地(立地条件がそろっている霊園など)であれば、建てるお墓の石の量(石材のボリューム)によって、施工費用は計算されます。 この標準施工費に、上記のような立地(工事の難易度)の場合、追加費用が上乗せされるイメージで考えておくと良いです。

 

このように、

1、石材店の指定の有無
2、石の種類
3、石の使用量、広さ
4、墓石の加工の有無
5、墓地の立地(施工費用)

の、主な5つのポイントによって、墓石の価格・お墓の値段は、決まります。 すでにお分かりになられた通り、お墓の価格は、複数のポイント(要因)が、重なって算出されているため、一般のお客様にとっては、より分かりにくく感じられるのだと思います。

 

お墓の価格、値段を明記しないお店が多い訳って?

なぜ、店頭やホームページなどで、価格を明記をしないのか、と複数の石材店の方に聞いてみたところ、

・明記した価格と、見積り時の価格が異なる(墓地の広さや立地条件が異なる)ため、お客様が混乱するといけないので、敢えて明記しない。

・石材店の指定がある霊園は、定価が指定されているため、墓地によって、異なる見積り(価格提示)になることがあるため、明記しない。

という答えが、多くみられました。

イラスト03つまり、実際のお見積り時に、店頭やホームページで明記した価格と異なった見積りを提示するのを避けたい、という考えの石材店が多いのです。しかし、お客様側からみると、価格の提示を全く行っていない石材店は、すべてが時価表記になっているお寿司屋さんと同じくらいの、分かりにくさ、敷居の高さを感じることもあるでしょう。

お墓の価格を明記する石材店は、増えつつありますが、現状では、まず、いくつかの石材店に見積りを依頼して、比較検討 をするのが、お客様にとっては 最も分かりやすい検討方法 となるでしょう。

 

墓石の価格を判断する際に、注意しておきたいこと

墓石の価格は、多くの方にとって、お墓選びの重要なポイントになるでしょう。しかし、お墓の見積りの金額を比較し、判断する際に、必ず注意をしておきたいことがあります。

それは、墓石の価格だけ で、お墓選び をしないということです。どうしてかというと、墓石の価格だけで、お墓選び、石材店選びをしたために、数年しか経っていないのに、困ってご相談をいただくケースが、増えているからです。

batsu相見積もりをして、一番お値打ちだった石材店で2年前にお墓を建てたけど、そのお店が倒産したらしく、連絡がつかなくなった。
batsu通販の石材会社で、1年前にお墓を建てた。今回、新たに家族が亡くなって、名前を彫刻してもらおうと電話をしたら、「お墓の近くの石材店に依頼された方が安いと思うので、近くに相談してみてください・・・」 と、対応を断られた。

最近、増えているご相談の実例ですが、金額だけでお墓選びをしてしまったがために、建てた後で困ってしまう方が、多く出てきているのです。 もちろん、良心的な費用提案はとても大切なポイントですが、お墓を建てた後も、何かあったときに、いつでも相談ができる、そういった石材店を選ぶことは、価格面と同じくらい、お客様にとっては重要だと思います。

ぜひ、急ぎすぎることなく、じっくりと比較検討をしながら、安心できるお墓選びをおすすめください ♪

このような方は、まずはご相談ください。

● 見積りの価格が、妥当かどうか、分からなくて不安な方
● 墓石選び、お店選びでお迷いの方
● 安心できて、良心的な価格提案のお店を知りたい方

墓石価格のご相談は、中立な相談機関へ

 

 

sankaku皆さんはこのような記事もよく読まれています

1. 1.5坪の広さの墓石の費用について。

2. 墓石の最低価格について

3. 墓石の磨き直しと費用について。

4. 9寸の大きさでの建墓の価格の相場について

5. お墓のヒビの修理金額について

 

PAGETOP
Copyright © 墓石・石材店情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.