天台宗とお墓

天台宗とお墓

  • HOME »
  • 天台宗とお墓

mb-tendaisyu

b-ohakanituite

石の正面の頂部に釈迦如来または阿弥陀如来を表す梵字を刻む。「南無阿弥陀仏」と刻む場合もある。

※五輪塔には上から「空・風・火・水・地」を表す梵字を刻む

o-namuamidabutu o-gorin

tensen-or

b-syuso

伝教大師最澄

b-gohonzon

「釈迦如来」「阿弥陀如来」「薬師如来」「大日如来」など

b-otonae

南無阿弥陀仏

b-osie

「法華経」最高の教えとする

b-omonakyoten

「法華経」「大日経」「金剛教」など

b-sohonzan

比叡山延暦寺

墓石に刻む文字に決まりはありません。
現在では「○○家之墓」など家の名前を刻んだり、天台宗のお墓の場合は南無阿弥陀仏と刻むのが一般的です。また横型やデザイン墓に多くみられますが、「好きな言葉」を刻んだものも増えています。
どうしたら良いか気になられる場合は、お寺様(宗教者様)にご相談されることをおすすめします。

 

bosekijohoas

sankaku皆さんはこのような記事もよく読まれています

1. 天台宗で角柱のみの先祖墓でも良いかどうか

2. 本籍を移した場合のお墓の引き継ぎについて

3. 二男の墓と本家の墓について

 

PAGETOP
Copyright © 墓石・石材店情報 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.