boseki_soudan_hedder

q

お墓に名前を彫刻した後、離婚した場合

昨年、主人の父と母の墓を建て主人の名前と私の名前が刻まれています。その後、離婚することになりました。その場合、私の名前は、どうすればよいのでしょうか?
(中川様)

a

全国墓石・石材店情報の寺田です。

昨年建てられたお墓に、中川様(奥様)のお名前も建立者として刻まれているのですね。 中川様のケースの場合、以下の4つの選択肢が有ります。

1)文字の部分を、石材用の樹脂等で埋める
2)彫刻部分を削って、再度ご主人の名前だけを彫刻する
3)名前が彫刻されている部分の石材(墓石)だけを作り直す
4)そのままにしておく

まず、1)の樹脂等で埋める方法は、応急的な方法で、永くきれいに仕上がる方法ではありません。ただし、費用は1万円~数万円で可能だと思われます。

次に、2)の削りなおす方法ですが、一度取り外して、加工して据えなおします。場合によっては、お経をあげてもらう必要もありますので(仏教の場合)費用は10万円前後になるかと思われます。 また、彫刻を削った石の部分の奥行(厚み)が1センチほど小さくなりますので、お墓の形が少し変形します。

3)の作り直す方法ですが、石の種類や大きさによっては、
2)よりもさらに多くの費用が必要になります。

4)そのままにしておく という方法です。中川様とご主人様、両方のお考えが「このままでもいい」とお考えの場合、そのままでも構いません。

とくにお墓の建立者部分には、「必ずこのように書かなければならない!」という決まりはございません。将来お墓参りをする子孫が、このお墓はだれが建ててくれたのかな?と確認するために見るものですので、お考えによってはこの方法をとるかたも居られます。

以上です。
選択肢をよくご検討いただき、お選びいただければと思います。

このご相談には私が回答させていただきました。
terata_3

 

 

墓石のメール相談を見て解決しない場合は、お墓の相談

 

お住まい、ご希望地域の墓石・石材店をお探しの場合にご活用ください。

あなた様のお墓づくりのお役に立てば幸いです。